国際ブランド:JCBの歴史沿革・運営会社・加盟店数・会員数・取扱高を調べてみた!

JCBの歴史沿革

日本で使われているクレジットカードブランドといえば、JCBとVISAがすぐに思い浮かぶと思います。VISAブランドがカード大国アメリカで生まれたことは用意に想像がつきますが、JCBは外国資本が一切入っていない純日本ブランドであるということをご存知の方は意外と少ないのではないでしょうか。
ここではそんなJCBについて詳しく見ていきたいと思います。

1961年 純国産のクレジットカードとしてデビューしたJCB

JCBは1961年に三和銀行(現:三菱東京UFJ銀行)と日本信用販売(日本信販)の共同出資会社である純国産のカード会社「株式会社日本クレジットビューロ」として誕生しました。
当時はまだまだ現金主義が根強かった日本で消費の多様化を実現すべく、米国ではすでに一般的になっていたクレジットカード決済の仕組みを日本でも広く普及すべく、発足されたのでした。

1968年 口座振替制度を導入

今では一般的な口座振替の仕組みを民間企業として初めて導入したのが実はJCBでした。当時は民間企業が口座振替を行う前例が無いと、導入までにはかなりのハードルを乗り越えなければならないものでしたが、JCBは合理的で信頼性の高い代金回収方法である口座振替の導入にこだわりをもって取り組み、実現に至っています。
この功績により、今ではあらゆる企業が自身の代金回収方法として口座振替を利用することが可能になりました。

1978年 株式会社JCBに社名変更

ブランドの重要性に着目し、社名をそれまでの「日本クレジットビューロー」からクレジットカードの名称でもあった「株式会社ジェーシービー」に変更。当時の日本は第一次石油危機を発端とした不況により消費が低迷。加えて、まだまだ世間的に認知度の低いクレジットカードの普及を推進するため、ブランドを全面的に打ち出す戦略へと舵を切ったのでした。

1979年 リボ払い方式のカードローン導入

現在では当たり前となったクレジットカードによるカードローン(キャッシング機能)を初めて日本で導入したのもJCBでした。当時としては、支払い方法が借入残高にかかわらず毎月の返済金額がほぼ一定のリボルビング返済方式(リボ払い)である点もとても画期的あり、マスコミにも大々的に取り上げられ、JCBが広く社会に認知される1つのきっかけとなりました。

1980年 JCBギフトカードの発行

カード会社としてギフトカードへの参入を開始したのもJCBが初めてでした。当時、ギフトカードといえば百貨店発行のものが主流であり、現在でもそうですが、各発行百貨店の店舗でしか使えない利便性に欠けたギフトカードとなっていました。そこでJCBは加盟店であればどこでも使えるような汎用的なギフトカードを作りたいと開発に着手。今では広く一般的に利用されるギフトカードへと成長しています。

1981年 独自の国際ブランド展開を決断独

日本で成功を遂げたJCBは、ついに独力で海外進出することを決意します。独自に海外で会員や加盟店の開拓を開始。それはとても大きな困難を伴うものではありましたが、現在ではVISAやMasterCardとならぶ、数少ない国際ブランドのひとつとして多くの海外の方に利用されています。

1988年 ディズニーとのオフィシャルスポンサー契約とサインレス決済の導入

東京ディズニーランドを運営する株式会社オリエンタルランドとの加盟店契約を契機に、署名のいらないサインレス決済システムを業界で初めて導入します。これまでは署名による決済が必須だったために現金よりも時間のかかっていたカード払いが、一気に手軽なものになりました。これを契機に、スーパーマーケットでの生鮮食料品の購入など、小額決済におけるクレジットカード利用が広がることになったのです。

2005年 QUICPay(クイックペイ)で電子マネー市場に参入

なんと、SuicaやEdyの登場よりも早くFelicaの仕組みを利用した非接触型の電子決済の実用化に向けて研究をしていたJCB。現在はQUICPay(クイックペイ)の名称でコンビになどで広く使える電子マネーを展開しています。

2011年 創立50周年を迎える

すでに創立から50周年を迎えたJCB。創業当時から常に新しい取り組みに挑戦し、それを社会のスタンダードにしてきた革新性に今後もますます期待が高まります。

JCBの基本情報

運営会社は株式会社JCB。本社は東京都港区です。
従業員が約5,000人。資本金が約100億円の巨大企業です。

なお、取引規模については以下の通りです。

加盟店数

約3,000万店

会員数

約9,500万人

取扱高

約25.5兆円

まとめ

純国産ブランドのクレジットカードとして発足したJCBカード。今では会員数約9,500万人と日本の総人口にも匹敵する規模にまで成長したカードブランドです。

最近リリースした、JCB CARD W は学生にも人気 とのこと。

日本国内ではもちろんのこと、日本人に人気のある海外旅行先でも便利に利用できるのが安心のクレジットカード。ぜひ注目してみてくださいね。

大学生になってのはじめての海外旅行でクレジットカード

私がはじめてクレジットカードを作ったのは大学生のときでした。

私の両親はなんでも現金で払うのが主義な人たちで、「お金が足りなければほしいものは我慢する、そしてお金を貯めて、その貯まったお金でほしいものを買う」ということを徹底していました。たしかに、それだと誰にも迷惑をかけずにすごせるから、こと”お金の使いかた”にかんしては理想的な尊敬できる人物像です。実際にうちの両親が人にお金を貸したことこそあれ、人からお金を借りたことはこれまで一度もありませんし、今後もないでしょう。知らないうちに借金をされていて子供の私にそのことが降りかかってくるという心配はないと断言できます。

そんな両親に育てられたので、私もクレジットカードを作ろうと思ったことはありませんでした。でも春休みに大学生仲間と海外旅行をすることになり、そのとき「いざというときに海外でも使えるクレジットカードは必須だ」ということで作りました。

実際に残り数日のところでお金が足りなくなってしまい、クレジットカードを作っておいてよかったと思っています。

海外旅行には、サポートが手厚いリクルートカードと、事前に申請すると海外利用では5%キャッシュバックされるライフカードがオススメです!

ライフカード(学生専用)は海外旅行で超お得の5%還元!さらに誕生月はポイント3倍・海外旅行保険もついて年会費無料!?。そして新カードも登場。

学生クレジットカード.com

はじめて使ったクレジットカード

クレジットカードというものを初めて使ってみたのは、大学生の時でした。

アルバイトで貯めたお金でアメリカに旅行する際に、トラベラーズチケットだけでなくクレジットカードも必要だと聞いたのですが、当時アルバイトの学生がクレジットカードを持てるなんて思ってもいなかったので(実際は学生カードというものがありますが・・・)父に頼みこんで家族カードを作ってもらいました。

初めて手にするクレジットカードは、なんだか恐れ多くて(笑)ドキドキしながら財布に入れました。3週間ほどの旅行中、まったく使うことはなかったのですが、翌日日本に帰るという日にその機会はめぐってきました。クレジットカードを使うと親にいくら使ったとか、どこで使ったとかバレてしまうので全く使う気がなかったのですが、一緒にいた友達に「せっかくだから最後の日くらい使ってみたら?」と言われてついその気になり、その日泊まった空港近くのホテル(ちょっと高級)で恐る恐る取り出しました。ホテル内のレストランで食事をし、クレジットカードで支払い!! 勝手が全然わからず、震える手でサインしたのを憶えています。

そして、ちょっと大人になった気分で帰国。後日、親に「こんなに使って!!」と叱られ「節約旅行だったのに、ホテルで食事なんてむっちゃ高いじゃん!onz」と落ち込んだのは苦い&今となってはいい思い出です。

大人への第一歩を踏み出すためにクレジットカードが必要か?

大学生というと半分大人半分学生という微妙な時期である。しかしこの時期に多くのことを学ぶ。例えばお金の使い方、特にクレジットカードの使い方である。

私が大学に入学したとき、様々な書類の中にクレジットカードの申込書があったのを覚えている。高校を卒業したばかりの私はよく理解していなかったが、保険加入に伴い審査なしにクレジットカードをもてるのであった。さて何に使うのか、例えば大学生というと大半がアルバイトをする。つまりは自分の収入の範囲でこのカードを使うことを学ぶのである。使い方次第では敵にも見方にもなりうるこのクレジットカード、大学生のうちに使い方を学ぶことは社会人になる上でとても大切である。

私の友人はきっとこのカードを魔法のカードとでも勘違いしたのだろう、なにもかもをクレジットカードで購入し、引き落としの期日になって口座にお金が入っていないことに気づいたらしい。親の援助があったのでなんとか状況を切り抜けたが、大学生という収入の少ない身分で借金だらけになってしまう可能性もなきにしもあらず。この話は今でも忘れない。

ということでポイントは「自分の収入の範囲内でクレジットカードを使うことを学ぶ」、それができるのは大学生時代である。